流行のネイルスカルプチャー

ネイルスカルプチャー、ネイルスカルプとか、さらに短くスカルプと言ったりしますが、これは爪に貼ったフォームというシート状の土台の上にアクリルやジェルなどを使って自分の爪の上にそれよりも長い付け爪を直接造型することです。


ネイルスカルプチャーは、自分の爪の上でつけ爪を直接作っていくという方法です。土台となるシート状のフォームを爪に貼り、その上に何種類かの素材で爪を作り出すのです。

ネイルスカルプチャーが最近開発された付け爪であるのに対し、ネイルチップはかなり前から使われています。両面テープで貼るので扱いやすい利点はあります。
でも、ネイルスカルプチャーの場合、自分の爪に合わせて作りますから、非常に美しい付け爪ができます。ネイルチップに比べれば見た目の美しさはけっこう違います。
ネイルチップは既製服のようなもので、お直しやセミオーダーはできますが、フィット感ではネイルスカルプチャーの相手にはならないでしょう。
ネイルスカルプチャーはそういうことで、もともと爪が小さいとか形が個性的な方の場合、あるいは長い付け爪がほしい方の場合は、形が自在で強度も十分なネイルスカルプチャーはお勧めです。
ネイルスカルプチャーのいい点ばかり書いてしまいましたが、美しい、ゴージャスなネイルスカルプチャーにもそれを作るためには当然ながら欠点はあります。ネイルスカルプチャーの最大の問題はネイルサロンで作ってもらうとけっこう高くつくということです。
ネイルスカルプチャーを1円でも安く上げるためには、ネイルスカルプチャーサロン代を浮かせる、自分でできる自宅ネイルスカルプチャーキットの利用もありえます。慣れるまではネイルサロンに行かなくてはなりませんが、器用でまめな人は案外楽しいかもしれません
ネイルスカルプチャーのお手入れのためにも自宅用のキット購入は考えておいていいかもしれませんね。だってまめにお手入れしないとネイルスカルプチャーと自分の爪の隙間にカビが生えることがあるのですから。あわてて剥がすにも薬剤で溶かすから、費用も地爪へのダメージも大きくなります。
ネイルスカルプチャーの美しさと耐久性は付け爪の中ではダントツですから、お勧めです。では、ジェルとネイルスカルプチャーのどちらがいいかと言うと、取り付きやすいのはジェルですね、柔らかいのでアクリルに比較すれば折れたときのダメージも少なくすみます。
最近ネイルサロンでネイルスカルプチャーといえばアクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜて作るネイルスカルプチャーです。アクリルネイル作成のときはジェルネイルと異なり、ある程度の時間で、アクリルが硬化してしまうため、形を作るのにはタイムリミットがありますが、ジェルネイルよりも丈夫で長い爪が作りやすいです。
最近ではジェルとアクリルのいいとこ取りのカルジェルなんていうのも人気です。ネイルスカルプチャーを選ぶときには、あなたの生活状況やお仕事に応じて、よく考えて選んでくださいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。